Skip to the content.

ドキュメンテーション

English | 日本語

目次

  1. 基本的な使い方
  2. PNG形式を用いる場合
  3. SVG形式を用いる場合
  4. テキストの描画
    1. フォント・スタイル
    2. テキスト装飾
    3. 上付き文字と下付き文字
  5. スペースと改行
    1. ラベル内のスペース
    2. 改行
  6. テキスト以外の要素の描画
    1. ボックスとサークル
    2. 水平線
  7. コネクター
  8. リーフを囲む括弧と矩形の描画
  9. 一部の文字を表示するためのエスケープ
  10. ノードからノードへのパスの描画(試験的機能)

基本的な使い方

エディターエリアにラベル付き括弧表記でテキストを入力し,Draw PNGまたはDraw SVGボタンをクリックします.

樹形図のすべてのブランチ(枝)やリーフ(葉)は,ノード(節点)に属します.ノードを作成するには,ラベルテキストを開始括弧の直後に配置します.ブランチは,空白で区切っていくつでも設定できます.リーフのテキストに1つ以上の空白が含まれているとき、空白はそのまま表示されます。ノードのラベルに空白を含めたいときには <> 記号を使って表します.例えば Modal<>Aux とすれば Modal Aux と表示されます.

終端ノードとリーフの間に描かれるコネクターの描画方法は3種の中から選べます(autobarnone).auto では,1つ以上の空白を含むリーフ(要するに「句」)に対しては終端ノードを頂点とした三角形を描画します.リーフが空白を含まない場合(つまり「単語」の場合),垂直線が描かれます .なお,リーフの先頭に ^ をつけると,そのリーフが句であると宣言することになります.したがって必ず三角形が描かれます. bar では,すべてのリーフに関して垂直線が描かれます. none では終端ノードとリーフの間にコネクターは描かれません.

ノードを表すテキストやリーフを表すテキストの中で改行を行たい場合,改行文字 \n を用いることができます.

RSyntaxTreeではPNG形式またはSVG形式で画像を生成します.どちらもMicrosoft Wordで作った書類などに貼り付けることができます.PNG形式の方が一般的ですが,SVG形式の画像は拡大しても描画品質が変わらないため,高品質なグラフィックが必要な場合に便利です.SVG形式の画像は,Adobe Illustrator,Microsoft Visio, BOXY SVG などのソフトウェアで読み込んで編集することができます.

Radical symmetrization オプションは,ブランチ(枝)の描画方法に影響します.Font styleFont sizeConnector heightColor の各オプションについては説明の必要はないでしょう.これらのオプションの値を変更することで,樹形図の外観を変えることができます.

PNG形式を用いる場合

PNG形式の場合,Noto SansNoto SerifWQY Zen Hei のいずれかを選ぶと,そのフォントを使って樹形図が描画されます.

SVG形式を用いる場合

SVG形式を用いる場合,期待通りの表示を得るためには,ご使用のコンピュータに適切なフォントがインストールされている必要があります.下記のフォントをあらかじめインストールしておいてください.必要なフォントがインストールされていない場合は,別のフォントで表示されるため,見た目のバランスをやや欠くことがあります.

テキストの描画

フォントのスタイルとしてイタリック/ボールド/ボールド+イタリックを指定できます.テキスト装飾としては,上線,下線,取り消し線を指定できます.また上付き文字と下付き文字を指定できます.これらは組み合わせて使用することもできます.

フォント・スタイル

Style Symbol Sample Input Output
Italic *TEXT* *italic* italic
Bold **TEXT** **bold** bold
Italic+bold ***TEXT*** ***italic bold*** italic bold

テキスト装飾

Decoration Symbol Sample Input Output
Overline =TEXT= =overline= overline
Underline -TEXT- -underline- underline
Line-through ~TEXT~ ~linethrough~ linethrough

注意: 上線はSVGでは使用できますがPNG形式の画像では表示されません.

上付き文字と下付き文字

Sample Input Output
normal_subscript_ normalsubscript
normal__superscript__ normalsuperscript

スペースと改行

ラベル内のスペース

Sample Input Output
X<>Y X Y

リーフのテキスト中の半角スペースはそのままスペースとして表示されます。<>は基本的にはラベル内でスペースを表示したいときに使いますが、リーフ内のテキストでも有効です。

改行

Sample Input Output
str1\
str2
str1
str2
str1\
\
str2
str1

str2
str1\ str2 str1
str2
str1\ \ str2 str1

str2
str1\nstr2 str1
str2
str1\n\nstr2 str1

str2

テキスト以外の要素の描画

テキストと組み合わせてサークル○,ボックス□,水平線などを描画することができます.

ボックスとサークル

Sample Input Output
||
{}
*||*
*{}*
|/|
{/}
|1|
{1}
|abc|
{abc}
--
*--*

水平線

Sample Input Output
str1\
---\
str2
str1
——
str2
str1\ ---\ str2 str1
——
str2
str1\n---\nstr2 str1
——
str2

ここで ---- の3つ以上の連続を意味します.

コネクター

終端ノードとリーフの間に描かれるコネクターの描画方法は3種の中から選べます(autobarnone).auto では,1つ以上の空白を含むリーフ(要するに「句」)に対しては終端ノードを頂点とした三角形を描画します.リーフが空白を含まない場合(つまり「単語」の場合),垂直の直線が描かれます .なお,リーフの先頭に ^ をつけると,そのリーフが句であると宣言することになります.したがって必ず三角形が描かれます. bar では,すべてのリーフに関して垂直の直線が描かれます. none では終端ノードとリーフの間にコネクターは描かれません.

リーフを囲む括弧と矩形の描画

リーフとなるテキストの最初に(^ が存在する場合はその直後に) # を付けると,そのテキスト全体を角括弧([ ])で囲みます(例:[NP #text] or [NP ^#text]). テキストの最初に ## を付けると,テキスト全体を矩形(ボックス)で囲みます.

一部の文字を表示するためのエスケープ

文字装飾などのマークアップに使用される一部の文字をテキストとして表示するためには \ によってエスケープする必要があります。使用している環境で \ が使えない場合は ¥ で代用することができます。

Input Apearance
\[[
\]]
\<<
\>>
\^^
\++
\**
\--
\__
\==
\~~
\||
\\\
¥
<>whitespace
\n↩️
\↩️↩️
\ + whitespace↩️

注意: 単なる改行 ↩️ はスペースとして扱われます.↩️ を1つ以上連続させた場合も1つのスペースとして扱われます.

テキスト中で改行したいときには,1) \n,2) \↩️,3) \ + whitespace のいずれかを用いてください.そうすると出力される画像の中で改行 ↩️ が行われます.

ノードからノードへのパスの描画(試験的機能)

下の3種類の形式でノードからノードへのパスを表示することができます.

樹形図の中でパスを表示したいとき,パスの両端をIDで指定します.パスIDをプラス(+)記号と共にノードのテキストの最後で指定してください(例:+7). プラス記号とパスIDの間に > 記号を入れると(例:+>7),パスの終端に矢印が付きます.

パスIDにはどのような数字を用いても構いませんが,必ず 2箇所 で同じIDを指定することが必要です.同じIDを2箇所以上で指定することはできません.